1. まとめトップ
Loading...

【訃報】アンパンマンの生みの親「やなせたかし」さんが死去

「アンパンマン」などで知られるマンガ家、絵本作家のやなせたかし(本名:柳瀬嵩)さんが13日午前3時8分、心不全のため都内の病院で死去しました。94歳でした。

更新日: 2013年10月15日

5お気に入り2227view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nmmmkさん

「アンパンマン」などで知られるマンガ家、絵本作家のやなせたかし(本名:柳瀬嵩)さんが13日午前3時8分、心不全のため都内の病院で死去した。94歳。遺志により、葬儀は近親者のみで行っており、後日しのぶ会を予定している。

やなせたかしさんの輝かしい功績

やなせさんは1919年東京生まれ(本籍は高知県)で、1953年からフリーで漫画、ラジオコント、テレビ番組の脚本などを手掛けた

昭和39年からNHKで放送が始まったクイズ番組「まんが学校」で講師役を務め、上手にマンガを書く方法を毎回解説して人気を集めました。

73年月刊絵本「キンダーブック」に「あんぱんぱん」が初登場。88年に日本テレビ系列で「それゆけ!アンパンマン」がテレビアニメーションとして放送開始となった。

昭和48年子ども向けの雑誌に連載を始めた「それいけ!アンパンマン」シリーズはテレビアニメになり、国内だけでなく、スペインやブラジルなどでも放送されて世界各地の子どもたちに愛されました。

また、作詞家としても活躍し、昭和36年に作詞した「手のひらを太陽に」はNHKの「みんなの歌」で放送されて反響を呼び、小学校の音楽の教科書にも載りました。

90年に「アンパンマン」シリーズで日本漫画家協会大賞受賞。91年には春の叙勲で勲四等瑞宝章を受章している。

今年はやなせたかし画業60年、絵本「あんぱんまん」出版40年、「それゆけ!アンパンマン」テレビ放映・映画25年の節目の年で、11月には「やなせたかし大全」の刊行を予定していた。

7月には「死んだら映画の宣伝になる」と言っていた

やなせさんは、曲中で「ステージで死んだら宣伝になる」と歌い、トークでは「なんとか今のところは死なないでいるんだけど、まもなくだね。病院からはあと2~3週間しか生きられないっていわれてる」とコメント。

「死ぬときは死ぬんだよ! 笑いながら死ぬんだよ。そうすれば映画の宣伝になる。死ぬまで一生懸命やるんだよ。ハハハ」と語った

アンパンマンの声を務める戸田恵子さんのコメント

やなせ先生こそがアンパンマンそのものでした。いつでも優しさで私たちを包んでくださり、分けあうことを教えてくださった。ただひたすらありがとうございましたと感謝を申しあげるしかないのですが、今は決して無くしてはいけない大切な道しるべを喪った感覚です。悲しすぎて全く力が入りません。合掌。

Twitterでは死を偲ぶ声が多数寄せられている

やなせたかし先生が・・・・・・子供の頃、絵本が大好きでした。ご冥福をお祈りいたします。

やなせたかしさん亡くなったんや(;_;)つい最近テレビで見た気がするのに……それでも94歳やったらご立派やね テレビで見たとき、自宅は部屋中アンパンマンのグッズだらけで、それに囲まれたやなせさんは幸せそうでした。生涯、子どもたちに愛と勇気を届けてくれてありがとうございました!

やなせたかしさん、お亡くなりになったんですね…ビックリしました…アンパンマン、ちびっ子の永遠のスーパーヒーロー。パパママにも人気があったし。御冥福をお祈り致します。

やなせたかしさんの訃報に驚きました。手のひらを太陽に、は幼稚園の朝の体操でいつも歌っていました。アンパンマンにもとても楽しませてもらいました。ご冥福をお祈りいたします。

やなせたかしさん亡くなったって…(;;) アンパンマン大好きなのに… やなせさんの人柄も… アンパンマンは続けて欲しいな… 御冥福をお祈りいたします。

1