1. まとめトップ
Loading...

この記事は私がまとめました

hel4yaさん

子宮筋腫は性成熟期の女性に20~40%という高い頻度で見られる子宮の良性腫瘍です。

子宮筋腫は、不妊症や流・早産の原因になることがあります。それは、筋腫のために子宮内膜への血流が不十分になり、また内腔の形が変化するためと考えられています。とくに、粘膜下筋腫の場合が問題になります。

基本的には命に影響するものではない

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。

しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります。

できた場所により、漿膜下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫の3種類に分けられます。

子宮筋腫の症状

粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合は、筋腫がある部分の子宮内膜が薄くなり、うっ血、壊死(えし)、潰瘍などが生じて月経の出血量が増えます。そのため、貧血になることがあり、動悸(どうき)・息切れなどの貧血症状で筋腫が発見されることも少なくありません。筋腫のこぶが握りこぶし大以上になると、下腹部に腫瘤感(しゅりゅうかん)や膨満感(ぼうまんかん)を自覚することがあります。
 また、子宮腔の変形による月経血の排出障害、筋腫の変性・感染、漿膜下筋腫の茎部(けいぶ)でのねじれなどにより、月経時に下腹部痛や腰痛を自覚することがあります。時には、筋腫が腟のなかにまで下がってきて、不正出血が続くことがあります。これを筋腫分娩(きんしゅぶんべん)といい、筋腫のこぶが子宮から分娩して出てきた形になります。
 筋腫が巨大になり、骨盤内が筋腫で占められるようになると、神経を圧迫して腰痛を起こしたり、膀胱や尿管を圧迫して排尿障害・水腎症(すいじんしょう)を起こすことがあります。さらに、骨盤内の血管を圧迫して下肢に浮腫や静脈瘤(じょうみゃくりゅう)を来すこともあります。

不妊の原因になっていると考えられることも

筋腫の原因はわかっていない

子宮筋腫の起源になる細胞と卵胞ホルモン(エストロゲン)との相互作用という説

初潮前や閉経後は発生しません

老廃物という説も

本来排泄されるべきものが排泄されずに子宮にたまっていったものが筋腫になるという考えも

治療

手術開始まで女性ホルモンのエストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を加えて金主が大きくなるのを抑えます。人工的に閉経状態を作るため更年期障害の症状が現われます。これをホルモン療法や偽閉経療法と呼びます。

手術の種類

基本的に開腹手術、膣式手術、腹腔鏡下手術の3つ。
・開腹手術は開腹して行うため、病変部を目で見て確認しながら手術ができるという点で確実に筋腫が摘出できます。

・膣式はお腹に傷跡が残らない、手術後の回復が早い、入院期間が短いという点で優れています。しかし、あまり大きな筋腫や出産経験のない人、癒着のある場合などには適用できないこともあります。

・腹腔鏡下手術はお腹に小さな穴を開けて、そこから腹腔鏡と手術器具をさしこみ、モニターテレビを見ながら手術する方法です。これはどの病院でもできる手術ではない点に注意です。

手術そのものは痛みもなく終わる

手術跡

開腹手術、腹腔鏡下手術ともに手術の傷跡は残ります。腹腔鏡下手術の方が小さいとはいえやはり残ります。

手術後

手術後の回復は、子宮筋腫の状況や手術の方法によって違いは出てくるが、おおむね術後1週間から2週間ほどで退院となります。入浴は退院後1週間、職場復帰は3~4週間、性行為は2ヶ月後(月経が2度あったあと)から可能となります。

1