1. まとめトップ
  2. カラダ
Loading...

暑いからじゃない?!「汗をかく場所で分かる」その原因とは

毎日暑い日が続いて…汗が止まらない。暑くもないのに、いつもと違う変な発汗がある…もしかして病気かもしれません。汗をかく場所や汗の量で分かる、その原因をご紹介します。

更新日: 2015年08月18日

221お気に入り1559315view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

暑い時など、人は汗をかくもの

汗をかくことで私たちは自分達の上がりすぎてしまった体温を下げることができるのです。

夏はじっとしていても汗がにじみ出てきてしまう季節で、本当にストレスになるほど汗をかいてしまうこともあります。

暑いときや激しい運動をしたとき、緊張したとき、辛いものを食べたときに顔汗が出るのは、誰にでも起こる生理現象です。

発汗習慣がない人は”部分汗”になっていることも…

“サボリ毛穴”が多い人は、体全体で汗をかけないため、額や脇などの働いている毛穴でたくさん汗をかこうとします。部分汗が多い人は、怠けている毛穴が多いのです。

本来全身からかくはずの汗が額や胸や背中などの部分からしか出ない。これらは部分汗です。

顔や頭といった局所にかく「部分汗」は、その他の部分が「全身汗」をかけないための「代償性」の発汗なのです。

このような人は生活環境の中で発汗する習慣がなかったので、汗腺が退化してしまっているのです。休眠汗腺が多いのです。

毎日発汗する習慣がないと、汗腺は退化してゆきます。毎日毎日コツコツと体を温め、発汗し続けることで、解消できますからご安心ください。

多量な「部分汗」は病気の可能性も!

汗がひどく多いというのは、時として重大な病気のサインである事があります。

▼頭皮の汗

出典ameblo.jp

更年期によく見られる症状の一つにホットフラッシュがあります。これは急に顔がほてったり、のぼせた状態になったり、さらには大量の発汗が見られる状態のことを言います。

何の前触れもなく生じるケースがほとんど。

ホットフラッシュとは、急に身体や頭がカーッと熱くなるような感じになることを言います。

更年期障害のように急に血行が悪化した場合に見られます。その原因となるのが女性ホルモンの分泌量の減少。

▼額の汗

額から出る汗が、病気が原因であることもあります。一概に言えませんが、代表的なものとしては糖尿病やバセドウ病が挙げられます。

バセドー病になると、体内の代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、代謝が異様に高まって大量の汗をかいてしまいます。

▼顔汗

顔面多汗症は、顔から汗が大量に噴き出してくる症状です。緊張しているときなどに症状がひどくなります。気温が高いときは、温熱性発汗としての発汗も加わるため、人目が気になるほどの汗をかきます。

常に顔が汗で湿っていたり、緊張したときにしたたり落ちるほどの汗をかいたりする場合は、「顔面多汗症」という病気かもしれません。

交感神経が活発になりすぎていることで起こると考えられています。

顔汗は、発汗を促している交感神経を切断する手術を受けることでかなり減らすことができます。

12