1. まとめトップ
Loading...

褒め方をマスターして相手の潜在能力を引き出してみよう

褒め方をマスターするだけで相手に自信を植えつけたり、やる気を引き出すことが出来ます。

更新日: 2015年09月25日

4お気に入り1988view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

◆普段から褒めていますか?

自画自賛すんの?って言われても褒めてくれないんだから 自分自身で褒めるしかないじゃんwwwwwww

お仕事のメールスキルがめっちゃ上がってる。上司からお褒めのメールくるレベルって笑。これも高校生のころ初めて買ってもらったケータイでホモ小説をメールに書きためてたおかげかな!!!

女優になれるアパレル店員の褒め言葉はそう鵜呑みにしないからなっ

◆褒めるってそんなに大事?

管理者のマネジメントにおいては、スタッフのやる気や潜在能力を引き出すことも重要です。そのためには、「ほめる」という行為は重要なキーとなります。

できていない部分を叱るよりも、できた部分を褒める方が、相手のやる気や成果を引き出すことができます。

人間は褒められると脳にアルファ波が流れ、心がリラックスした状態になります。するとエンドルフィンという幸せホルモンが分泌され、やる気が出てくるのです。

ほめられることで、自信過剰になったり、評価だけを期待するようになったりします。かえって自発性や意欲をそぐこともあるでしょう。

褒めることだけでなく、叱ることも重要です。また、褒めすぎにも注意しましょう。

褒めたら良いわけでもない?

「ほめる効果」についてアンケートを実施。その結果、確実に「ほめる効果」が認められるものの、あくまで使い方次第であることが明らかになった。

「よくやった」「すごい」等、言い続けていると、何やら、ちょっと困った方向に行ってしまうこともありますので、気をつけなければなりません。

ほめ方にはいくつかの種類があり、そのほめ方によっては長期的に子供のやる気にストップを掛けてしまう、ということも非常によくあることなのです。

褒め方を間違えるだけで子供は悪い影響を受ける場合があります。
それでは、正しい褒め方とは何でしょうか。

◆褒める際のポイント

褒めるのは「努力」

頭がいいと褒められた子供は65%が簡単な課題を選んだ
褒められなかった子供は45%が簡単な課題を選んだ

努力を褒めたグループの出来はどんどん良くなっていった。難問に挑戦した事で、スキルに磨きがかかり、その後、ふたたびやさしい問題がだされたときには、すらすら解けるようになった。

生徒の「賢さ」をほめることの問題は、教育というものの心理学的なリアリティを誤った形で示すことにある。

苦労して悩んでいる場合には、技術的な助言を与えながら、それまでの良かった点や努力を認め、ほめることが大切です。

部下を褒める場合でも、努力を褒めるという点は変わりません。
能力や結果を褒めることはしないほうが良いようです。

褒めるタイミングは「すぐ」

めるべき行動の発生から60秒以内というのが1つの目安になります。これは60秒経過した後が最適ということではなく、早めれば早いほど有効と言われています。

12