1. まとめトップ
Loading...

石頭でも大丈夫!? 誰でもクリエイティブになれる方法

アイデアがなかなか浮かばない・・・。そんな経験は誰でもあるはず。クリエイティブな発想ってどうしたらできるのでしょうか。

更新日: 2015年09月26日

3お気に入り865view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

◆アイデアってすぐに思いつきますか?

今日友達に小説のアイデアいろいろと話してたら、なんで書かないの?もったいないよ!って言われたので、受験終わるまで少しずつ書きためていこうと思います

青菜にぱっぱと塩を振って水がだばだば出るようにアイデアもだばだば出る方法があればいいのにー。ないか。無理だな。頑張ります

日曜大工、やりだしゃ楽しい でも、アイデアが足らん

◆創造力は才能?

「アイデアを創出する」と聞くと、なにか才能であったりクリエイティブな直感を使うことをイメージする人も多いのではないだろうか。

私たちはみな、新しくて有益なアイデアを生み出す能力を持っています。しかし、いくつかの根強い思い込みが、そのチャンスを妨げています。

創造的な商品が生まれる過程には共通のパターンがあり、その手順を学べば誰でも〝創造的〟になれる

共通パターンを学べば、誰でも創造的になれます。

◆誰でもクリエイティブになる方法

気長に待つ

一生懸命になって考えれば考えるほど出てこないアイデア。
しかし、一見なんでもないような時に、アイデアが思いつくことがあると思います。

「ぼけっとして集中力がないときの方が、アイデアが生まれやすい経験はありますね」と、思考を集中させるより、むしろ「頭を柔らかくしておくこと」の重要性を指摘する人もいる。

アイデアがふとした瞬間に生まれることはよくあることです。
時には時間に任せてもよいかもしれません。

周りに目を向ける

常に頭のどこかに仕事のことを置いておき、ヒントを探すようにする。すると、たとえばランチの最中、あるいは通勤の途中などにふといいアイデアが生まれるのです。

情報を感知して上手くフィルタリングするためには、一点集中するのではなく、周りにある情報を有効活用することの方が大切なのかもしれません。

心理学研究で、創造的な業績をあげた者には、注意力散漫につながる「潜在抑制」機能の障害が、高い割合で見られることが分かっている。

「気を散らすもの」をうまく身の回りに置いて思考に自由を与えれば、きっとよいアイデアが浮かぶことでしょう。

創造的になるには注意力を散漫させたほうがいいのだとか。

散歩をする

歩くことは単なる気分転換ではなく、脳に刺激を与え、活性化することができるのです。

からだの中で一番大きな太ももの筋肉を動かすことによって、脳が刺激されます。

仕事場を離れて散歩をし、アイデアが自然に生まれるのに任せておけば、求めていた解決策を見つけやすくなることもあるのです。

12