1. まとめトップ
Loading...

疲れが取れない訳が無い 休憩するなら絶対に紅茶を飲むべき!!

あなたはコーヒー派?紅茶派? 私は断然紅茶をオススメします。 なぜなら・・・

更新日: 2015年09月27日

3お気に入り2905view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

◆休憩時間はどのように過ごしていますか?

◆紅茶はカフェインの作用が穏やか

紅茶の茶葉自体のカフェイン量で言うとコーヒーよりも多いのですが、お湯などで抽出する過程で減るので飲み物としてのカフェイン量はコーヒーの半分程度(30mg)となります。

紅茶は思っているほどカフェインは多く含まれていませんので、摂取に敏感になっている人や、覚醒作用や中毒作用を怖がっている人でも安心して飲むことができます。

紅茶に含まれるテアニンがカフェインの作用を抑制し、湯の中でタンニンと結合して体内に取り込まれるため、コーヒーよりもカフェインの覚醒効果が出にくいと言われています。

カフェインが怖い方でも安心して飲めるのではないでしょうか。

◆休憩に紅茶がオススメできる理由

覚醒効果

紅茶にはカフェインが含まれています。
カフェインは、脳を覚醒させる成分なため、集中力アップや眠気覚ましの効能があります。

カフェインは、中枢神経を刺激することから覚醒作用があると考えられるため、寝付きにくい人には睡眠の妨げになることがあります。

カフェインには覚醒作用、大脳刺激作用などがある為、興奮作用や集中力を高める効果、新陳代謝促進作用、疲労回復作用があります。

大事なお仕事や集中して勉強したい時は、「覚醒作用」の効果を狙い、30分前に紅茶を飲むと良いかもしれませんね。

夜に飲むと眠れなくなる可能性があるので十分注意しましょう。

ストレス解消効果

紅茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンがカフェインの作用を抑制し、お湯の中でタンニンと結合して体内に取り込まれるため、コーヒーに比べると穏やかに作用する。

紅茶を飲んだ人は、紅茶に似た代用飲料を飲んだ人に比べてストレスから迅速に回復できたことを確認しました。

ストレス社会の現代、抗酸化作用を持つ紅茶は、ぜひ毎日飲み続けていきたい飲料といえる。

精神を安定させ、ストレスを軽減する効果があるようです。

リラックス効果

紅茶に含まれるテアニンは、紅茶のうまみと甘みを醸し出すアミノ酸の一種です。テアニンの最大の効能は何といっても、リラックス効果でしょう。

リラックスと言われると『気分が落ち着いてきて、だんだん眠くなる…』
と考えがちだが嬉しい事に、このテアニンは眠くなる事が無くリラックス効果が得られる。

紅茶の香りをかいだ時点ですでにリラックス効果が表れていることがわかりました。

紅茶を飲んだ後に脳波を調べる実験がされており、紅茶を飲んだ人は、飲まずに脳波を測定した人に比べて、精神的にリラックスしているという結果が出ています。

休憩時間をゆったり過ごすために、ぜひ飲んでおきたいものです。

12