1. まとめトップ
Loading...

たった30秒でいいの!? 勉強のモチベーションを上げる方法

たった30秒で勉強ができるようになってしまうとは驚きです。

更新日: 2015年10月07日

2お気に入り2487view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

◆モチベーションが上がらない

勉強やるまでに時間かかるタイプなんだよなぁ~お風呂はいろ。

勉強してなかったから夜からしよーと思ってたけど、手強い睡魔には僕は、勝てないから寝よ。

受験生なのに勉強しようと思ってから1日以上たっている 。 。 まだまだ更新しそう 。 。

机に座って試験勉強しようと思ったのに、予習やら天声人語やらなんやらで結局試験勉強というもの自体は出来ないまま今日を終えようとしている。

◆勉強しろと言われても・・・

子供の頃、テレビやゲームばかりしていると、親から「勉強しなさい」 と命令口調で言われたという体験は誰もがすることだろう。

重要なことは本人が自分で本当に『宿題ってやらなければいけないんだ』、『宿題って重要なんだ』と納得して、自然に取り組む気になることです。

まず、多くの方がやりがちなのですが、子供に対して勉強しろと言っても十中八九勉強をしないです。

学校の勉強が、子どもにとって興味あるものに結びつくことができれば、「勉強しろ」と口癖のように言わなくても子ども自らの意思で取り組むということだと思います。

勉強しろといわれたら、やる気を損ねますよね。

◆モチベーションを上げる方法

時間を決める

「勉強する気はあるけれど時間がとれない」、「忙しくて勉強する時間がない」という人はほぼ間違いなく、ここで失敗している。

内容、種類、難易度に関わらず、「勉強する時間」は決まっているでしょうか?

集中して取り組むには時間設定は絶対必要!だらだら長時間したり、◯◯しながら勉強しても効率ってやっぱり悪いものです。

時間を設定すると、勉強の効率も良くなります。

「ちょっとだけ」

「30秒勉強して下さい。」と言われて、勉強を始めたら30秒で終われますか?
5分程度やっちゃうんです。30秒で良かったのに。

やる気が出ない時に無理に勉強する必要はまったくありません。
だから、せめて5分だけでも勉強してみてください。

「やる気」は「やること」によってしか湧いてこないというのが、科学的な結論です。やる気が出てくるのを待ってても絶対にでてこないのです。

ほんのわずかでもいいので、まずは取り掛かってみましょう。

目標を決める

なぜやらなければいけないのかを理解すれば、自ずとやる気は出てくるでしょう。

やる気というのは、目標に対する動機づけが高く、がんばろうと自然と湧き出る気持ちのことです。

12