Loading...

以前は、配達に伺えば家に誰かがいるということが普通でした。しかし共働きの増加に伴って、再配達や夜間配達が増えています。

出典ヤマト運輸労組が荷受量の抑制を要求 背景にドライバー不足、「若者のトラック離れ」も影響か

前へ次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ヤマト運輸、労使で合意!宅配ボックス普及は今しかない!

ヤマト運輸の労使交渉が合意しました。しかし、宅配上の問題点(ネット販売の拡大、人手不足、再配達の増加など)は未解決です。そこで、一つの対策として宅配ボックスの普及が挙げられます。宅配業界の現状、宅配ボックスのメリット/デメリットをまとめました。

このまとめを見る