1. まとめトップ

【100万円以下】消費者金融などの借金を返す方法

なかなか返せない方・返している期間が長い方はぜひご一読を・・・

更新日: 2017年09月09日

0お気に入り847view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そもそも借金の考え方について

擁護するような書き方をしますが
借金は悪いことではありません。

むしろ必要なため、借金をしている方がほとんどでしょう。

ただ危険な考え方は
ギャンブルで作った借金を
ギャンブルで一発大きく返してやろう
宝くじを少額ずつ買っていつか当たったら返そうなんて片腹痛し
それは間違いなく出費です。
勝っても長い目で見たらもちろんマイナス

借りたお金を返す
手段は選ばないと、大変なとこになります。

ではどうやって返していくか一緒に考えましょう

返し方は2つ
・消費者金融の推奨
・賢い方法

個人的な推奨は後者です

・消費者金融の推奨

この画像を載せましたが
日本の消費者金融が自宅まで伺うケースはほぼほぼありません。
対面するとしても返し渋りすぎたときに裁判所から督促が来ます。
ご安心?あれ

ちゃんとお金の管理ができている人でこのまとめを覗く人は少ないと仮定して申し上げます。
「借金で困ってる人は、さほど計算ができていない人」です。
年利という言葉、ぼんやりとしか認識していないのでは?
(私もギャンブル狂いの頃はそうでした。)

年利18% 日本ではホワイトゾーンなのでご注意

仮に20万借りた場合を計算しましょう

あなたはそれを「何回」あるいは「毎月いくら」で返すつもりですか?

消費者金融が24回で返すのを推奨したとき

こうなります

計返済額237500円
37500は消費者金融へ・・・

なんだ、増えるのは37500円だけか・・・って
のこ考え方に至る時点で正気の沙汰ではありません。

でも黙っていたら、だいたい消費者金融さんは甘い言葉を実行します。
「毎月5000円ずつでいいよ」
切りのいい数字&返しやすい数字で返済プランをたててきます。

じゃ、仮に5000円ずつにしてみましょう
表の形式は少し変わります。

わあおぅ!!!

減らぬ元金
このまま62回までのんびり返して、総支払額は
何と307,675円
10万以上余分に払うことになります。

・では賢い返し方を紹介します。

・・・と言いたいところだが、結論は一つなんです。
特に説明する意味もないくらいすっきりした結論があります。

結論 できるだけ早く返しましょう

先ほど書きましたが、こう認識してください。
返済期間が長ければ長いほど、あなたが苦しむ

さいごに

収入が低いからというのは
厳しい言い方をするなら言い訳です。

まず
収入から「生活費」とここで「返済する金額」を引きます。
そして残ったお金でやりくりする方法を考えてください。

ただ
正直、借りている人は返すまで贅沢は一切許されないとお考えください。
許してしまうと、あなたが苦しいだけです。

携帯は必要最低限のプラン
「格安SIMは電波が悪い」
いやいや、電話できるだけありがたいと思わなきゃ

車バイクは、ご家庭で必要ならば仕方ありませんが。
見栄張った車やバイクでなくても
軽自動車(燃費よい)と必要な方は原付or原付2種

そもそも
なかなか借金返せない人は
見栄を張れる身分ではないことを御認識ください。

そして、趣味もお金のかからない(かかっても小額な趣味など)に打ち込みましょう。
あなたの生き方は1つじゃないはず。

1