1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

壁なしドーナツ型!?「ふじようちえん」が海外でも話題に

日本で一番有名な幼稚園の「ふじようちえん」。斬新なドーナツ型園舎やモンテッソーリ教育がされているなど注目を集めています。

更新日: 2018年03月06日

30お気に入り38183view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

「ふじようちえん」はどんな所?

5才の子供たちが交通渋滞を引き起こしたり、サンタクロースのための窓があったり・・・。

教室はすべてガラス張りで、天窓からは光が入る開放的な作りになっているほか、教室と教室、屋内と庭の境界線もない

子どもたちが屋上デッキを駆け回ったり、木登りをしたり、ドアのない部屋の間を自由に移動できるように設計されている

壁が一切なく自由に遊べる円形の幼稚園で、園児たちは開放的な環境で自由に過ごします

世界中から視察が殺到

海外のプレゼンテーションイベント「TEDトーク」で、この園を紹介したところ、世界中から視察が連日殺到。世界的にその名が知られたのです

いまや日本で一番有名な幼稚園として認知され、連日、国内外から多くの視察者が訪れている

斬新な園舎は数々の賞を受賞している

ふじようちえんは、佐藤可士和と手塚建築研究所がコラボレーションし、日本建築学会賞を受賞した建築として有名です

斬新なドーナツ型の園舎は、グッドデザイン賞や、アジアデザイン賞、日本建築家協会賞など数々の賞に輝いている

ふじようちえんではモンテッソーリ教育がされている

子どもが本来持っている“自ら育つ力”を引き出し、洗練させる科学的なプログラムです

ふじようちえんは「子どもが育つ」状況に満たされているのですが、その根底には子どもの観察と科学的な分析によってつくられたモンテッソーリ教育があるようです

Twitterでは・・・

今日は「世界で最も楽しい幼稚園」として知られる、立川のふじようちえんを視察してきました。海外含めて最先端の幼児教育を実践されている園です。 子どもたちの自発的な学びや創造力を引き出すために、細部にわたり深く考えられた設計と、園長… twitter.com/i/web/status/9…

園長先生の熱意に感激しました

世界一楽しい幼稚園、立川にあるふじようちえんという存在を知った。建物のつくりがすごい!円形! いいなーたのしそう。立川に住んでたら通わせたかった。

@RyoIshikaw_a 1度ふじようちえんに行ってみたいっすよね〜 園内の仕組みや働く先生、何より園児が育つ過程にとても興味があります

ふじようちえんって芸術的な園舎って時点ですごく人気だけど、これでまた人気が上がるんだろうなぁ。建築関係の人にも有名だそう。確か保育料高かった気がする。モンテッソーリ自体はどこでもやってるけどなにか違うのかな

おっ、立川に保育園が増えるのか!デザインはふじようちえんと同じ手塚建築研究所とのこと。  tamatebakonet.jp/blog_detail2/b…

12