1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「ぷよぷよ」eスポーツ認定♪セガフェスで賞金100万の初となる大会開催!

パズルゲーム『ぷよぷよ』がeスポーツプロライセンス認定タイトルに!

更新日: 2018年03月13日

6お気に入り8739view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ぷよぷよがジャパン・eスポーツ・プロライセンス認定タイトルに決定した。

naokana135さん

◇競技人口が世界で1億人とも言われている「eスポーツ」

eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略。コンピューターゲームやテレビゲームで行われる対戦型ゲーム競技。

コンピューターゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える“eスポーツ”。五輪での採用を目指す動きも始まり、日本でも広がりを見せつつある。

2022年の中国・杭州(こうしゅう)アジア大会で、正式競技としての採用が決まっている。

eスポーツの競技人口は世界で1億人以上とも言われ、”新たなスポーツ”として注目されている。

◇そんな中、eスポーツの普及と発展のために設立された日本eスポーツ連合「JeSU」

日本国内における eスポーツ産業の普及と発展のために「一般社団法人日本eスポーツ連合」略称:JeSUを設立。2018年2月1日より正式に活動を開始すると発表。

世界におけるeスポーツのオーディエンス(視聴・観衆者)は、2020年には5億人を超えると予測されており、メジャースポーツに匹敵する規模となりつつあります。

◇世界には獲得賞金が1億超えのプロゲーマーも存在する

アメリカでは、eSportsはスポーツとして受け入れられ国が正式にプロゲーマーがスポーツ選手であることを認めています。

高額な賞金のかけられた、世界規模の大会が頻繁に開催され、年収1億円を超えるプロゲーマーも存在する。

2015年アメリカ、韓国の大会も優勝賞金は1億円を超え、賞金総額は2億円以上です。来場者も数万人と日本人で思っているゲームとは次元が違います。

◇パズルゲーム『ぷよぷよ』がeスポーツプロライセンス認定タイトルに!

『ぷよぷよ』が、一般社団法人日本eスポーツ連合より「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」が発行される認定タイトルに決定した。

プロライセンスは、2月に新設されたJeSUが、認定するeスポーツ大会で上位者に付与している他、IPホルダーの推薦によっても発行。

ライセンスを取得すると海外大会への出場時に経済的支援を受けやすいなどのメリットがあるという。

◇4月にはプロライセンス認定大会と頂上決戦大会が2日間で開催

4月14日に東京・ベルサール秋葉原で行われる『セガフェス 2018』では、一般プレイヤーが参加可能な『ぷよぷよ』のプロライセンス認定大会『ぷよぷよカップ in セガフェス 2018』を実施。

15日には、プロライセンス取得選手による頂上決戦『ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス 2018』を開催。優勝者には100万円が授与される

◇ぷよぷよ好きと言えば戸田恵梨香が有名

「ぷよぷよ」に関してはかなりの腕前。それを受けて2009年にはぷよぷよ新作のプロモーションキャラクターに起用されたほどです。

•本田翼も趣味はゲームと公言している

12