全長39・1センチ、直径1・5センチのくぼみに炭化痕があり、くぼみに火種をのせてきねを回転させ火をおこしたとみられる。

出典縄文晩期の火おこし道具出土 石川・真脇遺跡で - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

前へ次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あの芸能人そっくり!?…縄文人の正確な顔の復元が公開される

推測ではないDNA分析で日本初の縄文女性が復元されました。顔を見た人はあの芸能人そっくりだという声も。13日から国立科学博物館で一般公開されます。

このまとめを見る