1. まとめトップ
Loading...

この記事は私がまとめました

ノイシュバンシュタイン城

ドイツ南部のバイエルン州バイエルン・シュヴァーベン地方にある城である。

ノイシュバンシュタイン城とも表記される。

城は一般に公開されており、4~9月の春夏は9~18時、10~3月の秋冬は10~16時の間見学が可能だが、館内の見学はツアーへの参加が必須となっており、麓のホーエンシュヴァンガウにあるチケット売場で事前にツアーのチケットを購入する必要がある。

タウシュベツ橋梁

北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。

よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。

バイカル湖

ロシア南東部のシベリア連邦管区のブリヤート共和国とイルクーツク州・チタ州に挟まれた三日月型の湖である。

世界で最も古い古代湖でもある。元々は海溝であったとされ、約3000万年前に海から孤立、その後長い期間をかけて徐々に淡水化していった。

ドブロブニク

クロアチア、アドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置する都市及び基礎自治体で、ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の郡都である。

1979年に世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇る。アドリア海沿岸でも傑出した観光地であり、多数のクルーズ船が寄港する他、地中海各都市とフェリーで結ばれドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の中心都市となっている。人口は2011年に行われた国勢調査で42,641である。

グレートバリアリーフ

グレート バリア リーフはオーストラリア北東部のクイーンズランド沖

宇宙からでも見えると言われる世界最大のサンゴ礁地帯です。2,300 km におよぶこの一帯は、600 種類を超えるハードコーラルとソフトコーラルでできた何千というサンゴ礁と何百もの島々からなり、無数のカラフルな魚、軟体動物、ヒトデ、カメ、イルカ、サメが生息しています。

ワイトモ洞窟

ワイトモ洞窟は、ニュージーランド北島ワイカト地方のテ・クイティの町から12キロメートル北西のところにある鍾乳洞

12