1. まとめトップ
Loading...

この記事は私がまとめました

レクサスIS Fについて

IS-Fは「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることによりレクサスの新しいパフォーマンスを提案する」というコンセプトのもと、レクサスの中型FRセダン「IS」をベースに開発されたスポーツモデルで、「F」(トヨタF1の本拠地である『富士スピードウェイ』並びに開発拠点である『東富士研究所』に由来)の名を冠する同ブランド初のモデルである
Wikipediaより「https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBIS_F

初代「IS F」は、レクサスのフラッグシップセダン、『LS600h』に搭載されるV型8気筒「2UR-FSE」型エンジンをベースにヤマハ発動機と共同開発した「2UR-GSE」型エンジンを搭載、最高出力423ps、最大トルク505Nmを発揮した。

レクサス IS F 復活か!?

新「IS F」には、現行『LS』に搭載されている3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は422psを発揮。10速ATと組み合わされると予想されている。また大径ホイール、大型ブレーキキャリパー、そして専用のサスペンションを持つ高性能モデルになるという。

ライバル車・発売日

ライバルは、BMW「M」やメルセデス「AMG」などハイエンドモデルではなく、インフィニティ『Q50レッドスポーツ』やジャガー『XE S』などのスポーツセダンになるだろうと予測している。

2019年にも「IS」新型が順調に発売されれば、「IS F」は2020年にも登場するはずだ。

こちらの記事も注目

1