1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
Loading...

この記事は私がまとめました

■全国で暑い日が続く中、冷却グッズはかかせませんよね

暑さに負けずに楽しむためには、冷却グッズが欠かせません。

服に冷却スプレーして寝ると気持ちいい熱帯夜の時はd('∀'*)

■夏の事故で最も多いのが、冷却製品による事故

花火や殺虫剤のような、夏ならではの製品による事故や、温度が上昇した車内でのライター爆発などが上位に連なっていますが、最も多かったのは冷却製品による事故でした。

冷却スプレーには、液化ガス(LPG) 、エタノール 、メントールなどの成分が使われており、これらの成分の性質を利用し気化熱を使って温度を下げてくれます。

このLPGは空気よりも重く、車内の下方に一定時間滞留しやすいのが特徴であるため、取扱い時は火気厳禁が絶対条件です。

■こうしたガスが充満した状態で、ライターなどを使用すると、ドカン!なんてことも。。

スプレーを使ったあとにタバコを吸おうとライターを使ったら爆発炎上したという事故は、車内に発火性ガスが充満していたことが原因とされる。

しかし、そのほかの要因として、静電気が考えられます。シートに衣類の繊維が摺れて静電気が発生し、爆発が起こることもあります。

■冷却スプレーなど、可燃性ガスを使用している製品は必ず注意書きがあります。

冷却スプレー以外にも、消臭剤や整髪料など可燃性ガスを使用しているスプレーは多く、「火気厳禁」など使用上の注意書きの確認が必要という。

また40度以上の高温になる車内に、こうしたスプレー缶を放置しておくのも禁物。爆発する恐れもあり、極めて危険だ。

使用時には車内を締め切った状態にしないことが大切です。車内のエアコンを外気導入にし、窓を開け放っておくなど、引火を防ぐ配慮が必要です。

■その他に、冷却タオルや冷却スカーフなども危険性があります

冷却タオルやスカーフを首にかけて、湿疹やかぶれがでたという報告もある。

水で濡らすだけで冷感が得られる冷感タオルは、乾くと硬くなる性質をもっているため、湿らせた状態で販売されていることが多く、

■特に、イソチアゾリノン系の防腐剤は、アレルギー症状を起こす可能性がある

特に、冷却グッズの中で多いのは、アレルギー性の接触皮膚炎を起こすとの報告がある「イソチアゾリノン系」の防腐剤です。

12