1. まとめトップ
Loading...

間もなく終了?!都内にある今話題の冷やしラーメンが食べられる店7選

夏限定に提供される冷やし中華。今回は東京都内出食べる事ができる今話題の冷やし中華のある店をご紹介します。

更新日: 2018年08月29日

1お気に入り1428view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夏限定に提供される冷やし中華。今回は東京都内出食べる事ができる今話題の冷やし中華のある店をご紹介します。

1234juneさん

龍朋

神楽坂の地元民たちからこよなく愛されている中華料理店。
一般的な中華メニューが並ぶが、常連客がこぞって頼むのが、『チャーハン』(770円)。
ボリュームたっぷりで香ばしいチャーハンは、まさに昔ながらの中華料理店の味。
また、『チャーハン』を頼むと付いてくる魚介系の出汁が効いたスープにもファンが多い。

この店の『冷やし中華』の特徴はなんといっても常識を裏切る錦糸卵。
極太で大雑把な盛り付け方もここまでくるとひとつのスタイル。
卵のインパクトに隠れているチャーシューも厚切りで食べ応え十分。
太めの麺も具材に負けない存在感で物足りなさは一切ない。
可能ならば2人以上で訪れ、常連客がこぞって注文する『チャーハン』と、セットでついてくる煮干が効いたスープとともに楽しんでほしい。

中華そば こてつ

連食し続けた冷やし中華の中で、ナンバーワンと思えるのがこちらの冷やし中華。
奇をてらった部分がなく、かと言って伝統に縛られることもなく、一つ一つ隅々まで丁寧に仕上がっているのです。

醤油ダレの美味いことさることながら、トッピングのチャーシューはデフォルトで二種類。
レアチャーシューの短冊切りと炙りの肉とあって、楽しませてくれる。
玉子焼きも丁寧な作りだし、キュウリ・トマト・白ネギなど野菜類の歯ごたえと鮮度も見事。麺ももちろん風味をキープして美味い。

千里眼

目黒区駒場4丁目にあるラーメン屋『千里眼』。
『ラーメン二郎』インスパイア系の店である。

山のように盛られた冷やし中華をいままで見たことがない。
麺が見えないほどシャキシャキの野菜がてんこ盛り。
器の底にはゴマだれメインにして動物系の旨みが加わった悶絶ダレがたっぷり。
極太の縮れ麺は浅草開花楼謹製で、期待以上のつや、弾力、風味がある。
スープ、麺、具材、これらすべてが相性抜群で味の密度が濃い。

立川マシマシ

流石に先人たちの功績とダブらないような工夫がなされてます。
こちらの冷やし中華で、J系インスパイアの冷やし中華には、新たな方向性が見出されたと言っても過言ではないでしょう。

タルタルソースは何にだってかけると旨くなりそうだと分かりきっているんだけど、実際に商品化されたのを食うと、これが悶絶してしまうほど旨い。

鶏舎

町中華ファンにはすごく人気の高い店。
比較的麺類に力を入れてる感じがしますが、何を食っても旨い店。
冷やし中華の中では、トップクラス。

盛り付けはとても富士山気取りで、全体的色合いが地味。
特別感がないながらも、一口食えばハマるはず。
一度は夏に食っとけと言う感じです。

12