1. まとめトップ
Loading...

酷暑で疲れた肌には保湿が絶対!正しい保湿スキンケアまとめ

強い紫外線を浴び、汗をかき、室内のエアコンで乾燥…夏が終わった肌は、秋になってもダメージはそのまま。そんな疲れてボロボロになった肌に、優しく保湿して潤いをあげましょう。モチモチの肌を取り戻せ!!

更新日: 2018年09月02日

6お気に入り2616view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

何が何でも保湿です。

longsanさん

あなたのお肌、夏疲れしてませんか?

夏の終わりに疲れがどっと出てきたのか肌の調子が悪い… 歳1つ取ったからなーーー 基礎化粧品のランクを1つあげなければいけないのかもしれない…

最近色々コスメを変えて試してるせいなのか、夏の疲れが出てるのか季節の変わり目だからなのか、肌が荒れてて辛ーい。ボコボコしてる。こいつぁどうすりゃ良いんだい……?

そんなに野外活動した記憶はないけど、肌も髪も、結構夏のダメージを受けたのかボロボロになっとる(´・ω・`)

肌の乾燥、夏疲れもだいぶ現れてきてるので保湿もしっかりしないとやね!

そう、保湿ってかなり大事です!!

秋の肌には夏のこんな影響が…

過酷な夏を過ごした肌、実はたくさんの問題を抱えています。たとえば、夏の間に浴びた紫外線ダメージの蓄積と気温・湿度の急激な低下により乾燥が深刻化。黒くくすみがちになります。さらに、血流が低下することで、顔色が悪くなり、活力のない疲れた印象を与えてしまうことも。

紫外線ダメージ、溜まってます。

実は、顔の肌にも秋バテ、来るんです!
夏の間に浴びた紫外線の刺激や、エアコンの乾燥、汗や皮脂による毛穴詰まり…こういった肌の疲労が秋にどっと出てくる事があるんですよ。

そんな肌には保湿ケア!

肌の保湿が大切な理由として、主に、肌のバリア機能やターンオーバーの周期を正常に保つことが挙げられます。

紫外線などによって水分を失いやすくなり、またそれによってターンオーバーが乱れているのが「夏のお疲れ肌」

もともと私たちの肌には水分を維持するための機能が備われています。しかし、加齢や外的要因などにより、水分量が減るので、化粧品を使って水分や油分を補うことが保湿の目的なのです。

そう、保湿をしない事にはお肌の状態を取り戻せないんです。

正しい保湿の仕方

シートマスクや部分用クリーム、美容オイルをたっぷり塗り込んだ過度な保湿ケアは、毛穴が詰まってニキビや吹き出物などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。
良かれと思って重ね塗りしたり、保湿をしすぎたりすると肌にとっては負担になってしまいがち…。

やりすぎはいけないので、各コスメの適正な使用量を守って保湿していきましょう!

◆クレンジング

スキンケアには、水分の割合が多くテクスチャーがなめらかなミルクタイプやクリームタイプ、摩擦が少ないクレンジングジェルがおすすめです。

オイル、ジェル、ミルクにクリームと色んな種類がありますよね。

肌に負担をかけまいと使用量をケチると肌になじませるときに摩擦が強くなるのでかえって肌によくありません。添付の説明書を参考に適用を使ってください。

クレンジングの中でも特にクレンジングミルクは肌への負担が最も低いと言われているため、敏感肌の人をはじめとして多くの人に選ばれています。

お疲れ肌にはクレンジングミルクがオススメ。

SOTHYS(ソティス)
バイタリティ クレンジングミルク

スキンケアされたかと思うほどの保湿力!

口コミを寄せてくれている方のお肌の種類も年齢も様々ではありますが、共通するのは「しっとり」「モチモチ」。そして、スッキリとメイクを落としてくれるとの事。中には10年以上も愛用している方もいらっしゃいました。

◆洗顔

朝と夜でも方法を変えてみましょう。

朝の洗顔は、基本的に就寝中に分泌された皮脂を流すのが目的なので洗顔料を使わないで、ぬるま湯だけで洗い流す程度で大丈夫。皮脂分泌でべたつきが気になる場合は、酵素洗顔や拭き取り化粧水を使うといいでしょう。

洗顔は泡立ちや洗浄力などで選びがちですが、「肌のためを思ったら、洗い上がりはしっとりしていないとダメです!」(君島さん)など、美のプロが重要視していることは、洗顔直後の潤い力!

CLINIQUE(クリニーク)
ペップ スタート
ダブル バブル ピュリファイング マスク

泡パックで洗顔&保湿!

肌にのせるとジェルが泡に変化し、やさしく肌を包み込み、汚れを取り除きます。うるおいのあるもっちりと健康的な肌へ導きます。

泡の洗顔効果でスッキリしてつるんとなっているのですが、パックの効果でモチっと潤いがキープされている、と、なんとも不思議な感覚です。

12