1. まとめトップ
  2. ガールズ

この記事は私がまとめました

■鏡で自分の肌を見た時に『えっ!こんなに汚かったっけ。。』と感じたことありませんか?

鏡を見るたびに顔のたるみが気になり「近頃老けた気がするな」「あの頃に戻りたいな」等と、日々悩んでいたりしませんか?

透明感のある肌、キメの細かい肌、ニキビのない肌、どれも女性が憧れるお肌ですね!

ここでは、肌をきれいに、すこやかに保つために、普段から心がけたいことを見てみましょう。

□そんな方のために、お肌を綺麗にするために行いたい習慣を紹介

■朝に洗顔をする

朝起きた時の肌は、寝ている間の新陳代謝により皮脂の分泌物や老廃物が浮き出ている状態です。

ただ、朝は肌に天然の保護膜が張られている状態なので、洗顔料を使って必要以上に皮膚や保護膜を取り除いてしまうと、肌の状態は悪化してしまうのです。

乾燥肌の場合は、朝はぬるま湯で洗い流すだけでも十分です。何度も洗顔すると、必要な油分まで奪われてしまいます。

■肌に良い食事をとる

食生活や生活習慣も肌に大きく影響します。規則正しい生活をしたり栄養バランスが整った食事を食べるようにしたりするだけでも肌への影響は大きいです。

その上で、おすすめなのが、「ビタミンA」や「ビタミンC」などです。「ビタミンA」は、ニンジンなどの緑黄色野菜、ビタミンCは、緑黄色野菜・イモ類・果物全般などに含まれています。

また、女性は1日あたり50gのたんぱく質を取ることが厚生労働省で推奨されています。年齢を重ねてくるとたんぱく質の摂取量が少なくなりがちですから気を付けてください。

■洗顔をするときに

ベタベタ肌や皮脂汚れを落とすために、泡も立てずにゴシゴシと洗顔している人。その洗い方、NGです。

また、ニキビ・吹き出物が出来た時いつもよりしっかり洗顔する、泡立てネットで少量の水で硬い泡を作る…これはお肌に負担が大きすぎるのでやめましょう。

温度が高すぎても肌のうるおいを奪いすぎてしまいます。洗い始めから終わりまで一定の温度を保つようにしましょう。

■便秘にならないようにする

腸内環境の良し悪しはお肌の状態と密接に関係しています。いくらケアしてもなかなか治らない頑固な肌荒れは、お腹の中から改善しないと治らないものなのです。

なんでも、ひどい便秘という状態は、腸内で腐敗している状態らしく、腸内が毒素だらけになるというのです。

便秘を解消するためには、規則正しい生活が最も大切です。そしてできるだけ、朝は余裕を持って起き、必ず食事を摂った上で、トイレタイムを作りましょう。

■ストレスをため込まない

ストレスは、その人の一番弱い部分にあらわれます。ストレスによって、体内に活性酸素が発生し、肌老化が促進されます。

12