1. まとめトップ
Loading...

この記事は私がまとめました

事実上別居生活が長く続いており、2018年10月25日に離婚していた。

大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚していたことが26日、分かった。

出典yahooニュース

景子さんは貴乃花の8歳年上女房

でも奥さんの方が若々しい。努力してるんだろうな

10月25日に離婚届を提出した。2人は貴乃花親方が横綱時代に結婚。1男2女をもうけ、現役引退後は貴乃花部屋を切り盛りするおしどり夫婦として知られていた。

出典yahooニュース

おしどり夫婦だった。

私とっても感じのいい夫婦だなって思いましたよ

花田氏は本紙の取材に「夫婦を卒業する“卒婚”です。(河野さんには)自分の道を行ってほしいということ」と心情を明かした。

出典スポニチアネックス

お互いに話し合って決めました。

多分私が思うには、貴乃花は相撲協会のバカタレ幹部の圧力や凄すぎる酷い嫌がらせに耐え続け、引退し収入面も途絶えてしまったから奥さんに迷惑かけてはいけない、と思ったのもあるとおもう。

このまま苦労させるよりか好きな道で自分らしく生きてほしいと思ったのかもしれません。

だから貴乃花を頑固な人とか勝手なイメージで決めつけないでほしいと思います。あれだけ弟子を必死に守る人だから懐の大きな人だと思いますよ。

「お互い、結婚を卒業しようということで2人で決めました。私の人生の起点がありましたし、お互いの道をいこうということですかね」と説明。決意したタイミングについては「離婚届は出したのは先月なんですけど、以前から少し兆候はあったかな」とした。

離婚の6日前にもお気に入りの店で2人で外食

景子夫人は、貴乃花が嫌いで別れたのではないと推測する。嫌いだったらこんな笑顔で写真撮れないよ。

1番の離婚原因は貴乃花の退職だろうが、そもそも相撲協会のパワハラが元凶だろ

筋の通らない意見ばかり言ってる池坊婆の会見

問題の日本相撲協会 評議委員議長 池坊保子 !


古田敦也 vs 池坊保子

古田「貴乃花親方の行動を問題視していますが?
池坊「場所中は雑音をシャットアウトすべきなんです」

古田「はぁ、どういう意味ですか?
池坊 「本場所中に被害届を出すのはどうなのか?」

古田「被害届けを出すと問題なんですか?」
池坊「被害届けを出して混乱を招いたことが問題」

古田「被害届けを出したらダメなんですか?」
池坊「出すんだったら場所中じゃなくて場所が終わってからにしたらいいでしょう」

古田「巡業中の10月に出したんですよね?」
池坊「いえ、すぐに本場所があるのになぜ出したんでしょ?」

古田「出したのは場所前です!」
池坊「・・・・・・・・・・・」

古田「それだと、次の場所もすぐに来る、被害届出せないでしょ」
池坊「・・・・・・・・・・・」

古田「何を基準に判断するんですか?」
池坊「警察発表が第一です」

古田「じゃあ聞く必要ないじゃないですか」
池坊「いや 警察に被害届けを出す前に報告しろということ」

古田「ええっ!」
池坊「ですから被害届けを出す前に協会に一言相談すべきなんです」

古田「暴行傷害という違法行為をされたのにですか?」
池坊「だって相撲協会の一員なんですから」

古田「なら相撲取りにとって、協会というのは国の法律より上位にくるとでも?」

池坊「そうですね」

古田「ええっ! じゃっじゃあお伺いしますが、もし今回まず協会に相談して
   協会が被害届けを出すなと言ったらそれに黙って従うべきとでも?」

池坊「そうですね」

古田「ええっ!」

※相撲協会は、腐ってるということですね。

貴乃花は大手メディアには口を閉ざしているが、週刊誌には後援者の口を通じてかなり過激な発言を繰り返している。たとえば、フライデー(1月19日号)では、貴乃花5時間インタビューをやっている。

まず、「こんな相撲協会なら、潰して新しく作るべきだ」という冒頭の発言。次は1年前の初場所、稀勢の里と優勝争いをしていた白鵬が、貴ノ岩に「星を売れ」と付き人を通して連絡してきたというのだ。貴ノ岩はそれを察して電話に出ず、白鵬との初対戦で白鵬を破り、稀勢の里の優勝に貢献した。

出典テレビウォッチ

次の爆弾発言は、両国国技館の改修工事で怪しいカネの動きがあった、モンゴル人力士が強姦事件を起こしたが、それを理事が奔走してもみ消したというもの。

出典テレビウォッチ

相撲協会の八百長は投票までも八百長で、貴乃花潰しに必死だった

「隠蔽体質バレバレ!」 ネット上で批判の声が殺到しているのが、相撲協会理事選の投票方法。

「貴乃花一門の大嶽親方は、無免許運転事故を起こした同部屋の大砂嵐の処遇を人質に、“貴乃花親方に入れると、どうなるか……”と圧力をかけられたとか」(貴乃花部屋関係者)

出典ライブドアニュース

2018年6月貴乃花一門 解散に追い込まれる

貴乃花だけが一門から外れ、無所属に。この理由を貴乃花本人は「自由に発言できる立場に身をおきたいから」と語っています。
よほど、発言の自由が奪われていたのでしょう。

これ以外にも貴乃花親方の相撲部屋は出稽古(ほかの相撲部屋との練習試合)をも拒否されていたようで、弟子のために一門から離脱したというのが、一番の理由ではないかと思われます。

貴乃花が一門を離脱した途端に、一門への所属が必須であるとされ、完全に貴乃花を標的としたルール改正に、世間では非難の声が多くあがりました。

世論を恐れずに、ここまで大胆にこのようないじめをする協会ってなんだか怖いですよね。

いじめ・パワハラの内容 【一門への所属を拒否】

一門に所属をしなければ、相撲業界で居場所がなくなってしまう貴乃花ですが、どの一門も貴乃花の受け入れを拒否します。

間違いなく、協会の力が働いていますよね。わかりやすい言葉でいうと「仲間外れ」にされます。

れっきとしたいじめで、れっきとした相撲協会からの堂々たる意地糞なパワハラです。

受け入れ先がないなかで、9月27日までに所属するよう期限まで設けられ、貴乃花は追いつめられていました。

発言の自由を求めて無所属となった貴乃花ですが、これに対し協会側は、一門への所属を義務化