1. まとめトップ
  2. 雑学
Loading...

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年も引越しシーズンに突入

「料金が高すぎる」「希望通りの日程で引越しできる業者がない」など、「引っ越さなければならないのに、引越しできない」状況になってしまった人たちのことを「引越し難民」と呼ぶ

今年は「引越し難民」が続出

同社は緊急会見に追い込まれ、全国でおよそ1万件にも及ぶ不備物件の調査・補修工事を公表した。

2月までの繁忙期が始まる前か、5月以降の繁忙期が終わった後に引越しをすることがオススメです。

そんな中、注意したいのが・・・

外観から「いかにも怪しい」と思われるような不動産会社は少なくなったものの、実際に付き合ってみると「これはちょっと・・・」と思ってしまう会社もあるのは確か。

かねてからウワサされている・・・

呼び名は「おとり物件」「おとり広告」「釣り物件」などと言われています。

いい物件見つけた!と思っても・・・

おとり物件とは、不動産屋が既に埋まってしまっていることを分かった上で、集客のためにネット上に掲載したままにして、問い合わせがあったお客様を騙してお店に呼ぶ悪質な手口のことです。

成約率を上げるために大事になるのは来店率。この来店率を上げるためには、注目される物件を掲載することが大事になります。

おとりを使ってお客を呼び込む会社ですから、一度問い合わせれば、あとは怒濤のように営業される

おとり物件を見抜くには・・・

安い物件にはそれなりの理由があります。全く理由も無く賃料が安い物件はおとり物件の可能性があります。

初期費用を抑えたい人の目につく「敷金・礼金ゼロ」の文字。これもおとり物件であることがあるので注意が必要

来店せずに直接物件前で待ち合わせして内見したいというと、「一度来店する必要がある」と渋られた場合

12