1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
Loading...

何のための自粛?…坂本龍一ら電気グルーヴ楽曲配信停止に疑問の声

ピエール瀧容疑者逮捕にともない、所属するバンド”電気グルーヴ”の作品の出荷停止と店頭在庫回収、デジタル配信の停止を発表。これに対し坂本龍一さんらミュージシャンから疑問を呈する声が上がっています。

更新日: 2019年03月15日

15お気に入り64017view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

12日夜に飛び込んできたピエール瀧容疑者逮捕の報道

ネット上で衝撃とともに受け止められ、一夜明けたワイドショーではトップニュースとして扱われた。

所属レーベルは『電気グルーヴ』の出荷停止などの対応

【電気グルーヴ】ソニー・ミュージックレーベルズ(キューンミュージック)から発売されていた主な作品 ピエール瀧容疑者の逮捕を受け、出荷停止と店頭在庫回収、デジタル配信の停止を発表した。 pic.twitter.com/Lpmz31Gb78

ソニー・ミュージックレーベルズが3月13日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、

CDなどの出荷停止と店頭在庫回収、さらにデジタル配信停止を発表し、ファンからも残念がる声が続出していた。

さらに電気グルーヴのメンバー

3/23(土)に北海道・倶知安にて開催予定の「Pump It Presents Takkyu Ishino」ですが、同バンドメンバーのピエール瀧が、麻薬取締法違反の容疑で逮捕された事態を厳粛に受け止め、会場とも協議の結果、石野卓球の出演を中止させて頂きます。

これら自粛の風潮に疑問を示した

1952年1月17日、東京生まれの作曲家/サウンド・プロデューサー/ピアニスト。愛称は“教授”。

「電気グルーヴのCDおよび映像商品の出荷停止、在庫回収、配信停止」 なんのための自粛ですか?電グルの音楽が売られていて困る人がいますか?ドラッグを使用した人間の作った音楽は聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない。

音楽家の坂本龍一さんが2019年3月15日未明にツイッターで、テクノユニット「電気グルーヴ」の楽曲配信などがメンバーのピエール瀧容疑者逮捕後に「自粛」されたことに強く疑問を示した。

「ドラッグを使用した人間の作った音楽は聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない」と訴えた。

とりあえず何でも自粛にしていく風潮はやめて欲しいけど、会社の規約、コンプライアンスなど仕方ないところはあるのだろうな…。電気グルーヴは本当にカッコいいし、まだまだ知られるべき音楽なのに。 twitter.com/itm_nlabenta/s…

いざというとき盾になろうとせずアーティストと作品を切り捨てるなら、いったい何のための会社なのか。

自粛の措置に反対する発言へ、共感の声

YMO がなかったら電気グルーヴはなかった。坂本龍一さん、ありがとう。 twitter.com/HuffPostJapan/…

@skmt09 同感です! 時代の流れもあるかと思いますが音楽業界だけではなく全体的に変な方向に進んでしまってるような気がします。

12