1. まとめトップ
  2. ビジネススキル
Loading...

新社会人に贈りたい!…何度も読み返したくなる『ビジネス本』10選

社会人1年目で役立ちそうなビジネス関連の書籍10作品をまとめてみました。

更新日: 2019年03月19日

228お気に入り55253view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

新入社員に必要な仕事の原則と具体的な50の行動指針

ベテランも新人も、今日から仕事への取り組み方や考え方がすぐに変わり、一生役に立つ「指針」となる50のアイデア。

岩瀬大輔著「入社1年目の教科書」読了。「仕事は盗んで真似るもの」に共感。今まで、諸先輩たちの仕草や考え方に影響されたことを、振り返りながら読みました。面白かったので、他の作品も今度読んでみようっと

⦅入社1年目の教科書⦆(岩瀬大輔著) 1年目から会社で活躍するためのノウハウや、必要なスキルなど、仕事をする上で一度は読んでおきたい本。更に、自己投資・自己啓発といった、自分を磨くための方法も記載されており、それらを通じて、社内で自分が必要とされる意義をも個人的には学べた。#ナツ本 pic.twitter.com/BxOsFgenIe

1年目で困ったときのお助け本的な1冊

仕事場でのルール、「社会」のオキテ、気配りの作法、モチベーションの保ち方、挫折した時の復活の仕方などについて、

自身の経験や後輩指導の経験はもとより、企業トップ・人事担当の視点も持つ著者ならではの考え方・アイデアを伝授

社会人1年目の皆さんに向けて、必ず成果・成長に結びつく働き方、社会人1年目の今ならではの効力がある働き方をお伝えしています。

『後悔しない社会人1年目の働き方』読みました とにかく先輩社員から吸収する、自己啓発を忘れないことが必要だと再認識しました。 いまは働きながら勉強もできてるので、この調子で自分磨き(?)していきまいと思います pic.twitter.com/8aa2JJ73Eu

”伝え方”は重要

本書では、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法など、誰でもできる方法を紹介

伝える相手の属性を考え、プレゼンのゴールを設定し、根拠を示す。根拠は3つ用意し、結論には一度耳にしたら忘れないような「超一言」を用意する……シンプルで、力強いノウハウが詰まっている。

『1分で話せ/伊藤 羊一』 ✔️話すべき1分と相手を動かすための 働きかけの時間 ✔️ピラミッドストラクチャーでロジカルシンキング ✔️右脳にも働きかける 根回しすることは大切。正しさを訴えかけるだけでは不十分で、相手には相手の正義があるので、イメージを伝え感情を揺さぶる。

#1分で話せ◯相手に伝えるため以外のいらない言葉は省く ・プロセス ・頑張り、自慢 ・気を使いすぎる ・自分とは違う意見を言う ◯話す以外でもやれることは全てやっておく ・相手のことを知る ・事前に内容についてそれとなく伝えておく プレゼン研修の内容とも重なってて面白かった〜#読書記録 pic.twitter.com/t34k1NhXV0

口先だけだと思われず、相手を動かす言葉を話すには

本作品では、理系一辺倒で、読書経験もあまりなかったという著者が、いかにして思考を深め、1人でも多くの人の心に響く言葉を生み出そうとしているのかを、誰もが同じプロセスを辿れるように順を追って説明されています。

『言葉にできるは武器になる』梅田悟司(著)/日本経済新聞出版社 言葉には「内なる言葉」と「外に向かう言葉」があり、ただ外に話すだけでは言葉は鍛えられないと、電通コピーライターの著者は述べる。 しっかりと自分の考えを持ち、面接やプレゼンなどで誰かに伝えたい学生や社会人にオススメの1冊。

言葉にできるは武器になる。#読了「強い言葉」を作るには、技術を磨くのは二の次。「強い動機があるか、どれだけ本気か」が重要 本気度を伝えるには、自分の内なる言葉を具現化し、伝える内容を完全に理解する必要がある それが出来れば、口先だけだと思われず、相手を動かす言葉ができる pic.twitter.com/6XK7BmOygi

論理的思考の概念や実際の考え方がわかる

物事の本質を見極め、打ち手を考え、具体的な行動に落とし込む「問題解決力」がシンプルにわかる本

「考え抜く技術」と「考え抜き、行動をする癖」を身につければ、日常生活で直面するさまざまな問題を解決できるようになる! 世界最高峰のコンサルティング会社で学んだ問題解決の考え方を、中高生にもわかるように解説。

けんすうさんが紹介してた「世界一やさしい問題解決の授業」すごいわかりやすくてためになる。この考え方に当てはめたら大抵の課題は対策&実行まで行けそうだし、子供の頃からぜひ身につけてほしい“癖”だなぁ。

【世界一やさしい問題解決の授業】 タイトルは渡辺健介さん著書の書名です。元マッキンゼーの方なのですが問題解決の重要さ、面白さが分かりやすくまとめられています。 コンサルタントを目指す方は是非読んでみてください。 モチベーションもすごく上がります。