1. まとめトップ
Loading...

これからの季節に向け、簡単ですぐにスタイルを良くできる方法について

よいスタイルとはなんでしょうか、まとめました。

更新日: 2019年06月11日

14お気に入り11326view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これからの季節、気になることです。

なぜスタイルが良いといいのでしょうか

男性は、女性の外見で好きか嫌いかを見極めることが多いので、スタイルがいい女性は男性に興味を持ってもらいやすいです。

男性は、なんて言いましたが、女性だって男性の外見を見て好きになることはありますし、誰だって初めは外見を見て判断してしまう所があるので、「男性は女性の外見しか見ていない」と文句を言っている女性だって、男性の外見で判断してしまっていると思います。

つまり、外見で判断してしまうのは、男性や女性に限ったことというわけではないので、仕方ないことなんですよね。

女性であれば、見た目を気にする人も多いでしょう。顔などのルックスを重視する人も居ますが、女性で気になる人が多い部分と言えばスタイルです。女性の多くは、非常に細いモデル体型などに憧れがちです。

では良いスタイルとは

細すぎていない

スタイル良くなりたいと思っている女性が憧れているのって、モデルやアイドルの人だったりしますよね。

特にモデルはスタイルがいい人ばかりなので、「この人のようになりたい」と必死にダイエットしている人も多いのではないでしょうか。

細くなればファッションの幅も広がりますし、モデルのようにオシャレで綺麗に見せることが出来ると思います。

でも、男性のなかにはモデルの女性は細すぎて、彼女にはしたくないと思っている人がいます。

その魅力は“世界で一番セクシーなモデル”と称されるほど。一時期はあのクリスティアーノ・ロナウドとも浮名を流した美貌の持ち主。現在ではイケメン俳優のブラッドリー・クーパーとの間に1児をもうけ、私生活も充実しているよう。

バランスがいい

女性は男性に魅力的に見てもらおう、スタイルがいいと思ってもらおうという気持ちから、ダイエットをすることもあると思いますが、ダイエットをする時に気にしているのは「体重」ですよね。

でもスタイルがいい女性になるためには、体重が全てというわけではないんです。

どんなに体重がある人でも、見た目のバランスがいい人はモテたりします。

つまり、男性にとって「体重」というものはスタイルがいい女性の条件ではないんです。

適度に胸とお尻が大きい

男性は、女性の胸とお尻に魅力を感じるそうで、胸とお尻に適度に肉付きがある女性が好まれます。

胸とお尻だけに肉を付けるということは、中々難しいことではありますが、整形したりしなくても魅力的な胸とお尻にすることは出来ます。

大きすぎても小さすぎてもバランスが悪くなってしまうので、男性が好きなスタイルがいい女性にはなれません。

BMI数値が20以下が基準
■標準体重だと21
■美容体重だと18~20
■モデル体型だと17~18

BMIといえば、身長と体重を使って出すその人の肥満度を示すものです。そのため、この計算を使用することで、自分の体型がどのような状態なのかを把握する1つの指数になります。スタイルが良い人の基準として挙げられるのがBMI20以下であることという点です。標準体型の場合のBMIで21程度なので、スタイルが良い人になりたい場合は美容体型である18~20あたりになると、スタイルが良いという基準に当てはまります。

体が引き締まっている

また、身体が全体的に引き締まっているというのもスタイルの良い女性には欠かせない条件です。身体に脂肪がついて、たぷんたぷんしているとなかなかスタイルが良いようには見えませんし、スタイル云々よりも肥満体型に見られてしまいます。だからこそ、全体的に身体が引き締まっていることは必須条件です。

ウエストがくびれている

スタイルの良さを象徴する部分といえば、ウエストも忘れてはいけません。くびれがあるかないかでは、スタイルの見え方も大きく異なります。お腹には脂肪がつきやすいものですが、しっかりとお腹の脂肪を落としくびれたウエストをつくりことが、メリハリボディになる一歩です。

背筋がピンとしている
いくらスタイルが良かったとしても、背中が丸まっているとどうしてもスタイルが悪くなってしまいがちですし、暗いイメージを持たれてしまうこともあるでしょう。また、背筋が丸まっていると背が低く見えてしまうなどのデメリットもあるので、立っている時には背筋をしっかりと伸ばすという点を意識してみましょう。

では、スタイルを良くできる方法とは

まずは、脚

理想の太ももに♡ 足パカダイエット法
①足パカダイエット基本編
足パカダイエットは名前の通り、足をパカッと開くことによって日頃使うことの少ない内股を鍛えるエクササイズです。また足だけでなく、腹筋や背筋にも効果があるので、美脚だけでなく体のライン全体が美しくなれちゃいます♡


①仰向けに寝る
②足を天井に向けて垂直に伸ばす
③お尻とお腹に力を入れて足を45度程度に開く
④足を戻す。③④の動作を繰り返し行う

ふくらはぎダイエットは、リンパマッサージと背伸びの繰り返し運動によって行います。リンパマッサージは、ふくらはぎは揉みほぐし、トントンと叩いて、最後のもう一度揉みほぐします。それによって血流がよくなり、むくみを解消できます。

つぎは、腕

両腕を肩の高さまで平行に上げます。この時、手のひらは上に向け、腕はまっすぐ伸ばしましょう。右腕をひねっていきます。腕は床と平行のまま、親指を下方向に1回転させるような気持ちで、刺激を感じるところまで肩からひねりましょう。左も同様に行います。左右交互に、20回ずつを1セットとし、1日に2回程度行うと効果的です。

《背面で二の腕アップダウン》
①まっすぐに立つ。両腕を後ろに伸ばして手を組み、手のひらを返して後ろに向ける。
②手を組んだまま、両腕を外側に引っ張るようにしながら、腕を上下させる。これを20回×2セット行う。
簡単な動きですが、体の前面の胸の筋肉が気持ちよく伸び、手を後ろで組むことで肩甲骨周りの筋肉が働きます。腕を上下させているとき、二の腕の筋肉を使っているのを実感できるはずです。

デスクの上に手の甲を乗せ、力を込めてデスクに押し付けます。肩が動かないように注意しながら5秒間キープし、ゆるめます。10回程度繰り返しましょう。仕事中のちょっとしたリフレッシュにも効果的です。

ウエスト周り

寝る前のほんの数分、横になって出来るエクササイズです。

仰向けに寝て両手を自然に広げます。
両足をそろえてゆっくりと上に上げます。
両足をそろえたままゆっくりと右に倒していき、床すれすれで止めます。
脚を真ん中に戻したら、左側にも同様に。

立ったままできるウェストのストレッチ。場所も取らないので思い立った時にすぐ出来ます。

脚は肩幅くらいに広げて立ちます。
胸の前で手を合わせ、下半身を固定させたまま上半身だけ右へひねります。
ゆっくり真ん中に戻したら今度は左へ。
左右で1セット。10回やってみましょう。

腹式呼吸でウエスト引き締め

上のベストポジションを保ったまま、腹式呼吸をします
①みぞおちの下あたりに両手を重ねて置きます
②お腹をふくらませながら、鼻でゆっくり息を吸います
③お腹に圧をかけてへこませながら、口でゆっくり吐きます

Point!
深い呼吸を行うことで、呼吸の補助筋である腹斜筋や腹横筋を鍛えることができます。おへその下あたりを締めるようにして行いましょう