1. まとめトップ
Loading...

運動せずに体重を落としたい人向けレシピ・食事まとめ

自分がいままで行ってきて成功したレシピや食事制限をまとめました.ただし,体脂肪率が大きく減るのではなく,体重が落ちるレシピなのでそこは抑えておいてください.脂肪と筋肉と水分がバランスよく減少します.健康面では特に問題ありませんでした.見た目がやせるのは確かです.筋肉をつけたい人は筋トレが必須です.

更新日: 2019年06月14日

5お気に入り6962view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自分がいままで行ってきて成功したレシピや食事制限をまとめました.ただし,体脂肪率が大きく減るのではなく,体重が落ちるレシピなのでそこは抑えておいてください.脂肪と筋肉と水分がバランスよく減少します.健康面では特に問題ありませんでした.見た目がやせるのは確かです.筋肉をつけたい人は筋トレが必須です.

hagiolさん

結局運動が必要なのか

体脂肪を減らす,筋肉を増やすということが目的ならば,やはり運動しないと厳しいでしょう.
しかし,体重だけ減らすなら運動はそんなに必要ではないです.場合によっては,体脂肪率,筋肉率も若干ですが下がります.
私の場合は,1週間で3kg以上やせられました.
ここでは,とりあえず体重が落とせるレシピ・食事法をご紹介します.
キーポイントは胃袋サイズの縮小化です.

体重よりも胃袋が小さくなったことをまず感じる

運動をしない代わりに,まず胃袋を小さくするような食事法をとることで,それ以降の摂取カロリーを制限することができます.アメリカでは胃を切除してここなうダイエットが流行りらしいですが,そんなことしなくても胃は小さくできます.
食べ過ぎ,飲みすぎで大きくなってしまった胃袋を基に戻す感覚で取り組みましょう.

ヨーグルト法

目安は一日にヨーグルト400gを2~3個

ヨーグルトはずっしりとしているので,食べると満腹感が得られます.例えば,昼に2個,夜に1個で満足のはずです.

ただし,そのまま食べれば酸味がきついので,冷凍ブルーベリーと一緒に食べることをお勧めします.
それでもやはり飽きは来ます.私の場合は,飽きても何も考えずとりあえずヨーグルトを流し込んで満腹感を得ます.それがつらいときは,ちょっとだけ別のものを食べてもいいでしょう.

私はいつもドラッグストアコスモスでみどりプレーン400g,99円のヨーグルトを買っています.ブルーベリーも一緒に買います.ブルガリアは安くても120円くらいだったと思います.

冷凍ブルーベリーがおすすめ!

ヨーグルトには,砂糖をいれずにブルーベリーを淹れることで,糖分を控えながらおいしく食べることができます.
ヨーグルトを開封したら,そこにブルーベリーを適量流し込んでスプーンでかき混ぜれば完成です.最初は酸味がありますが,徐々に甘みがでてスイーツ感覚でどんどんいけます.
個人的には飽きずにずっと食べられます.

外出先ではどうやって作る?

ただ,外出中でのランチでこれを作ろうとすると,冷凍ブルーベリーをその場で使いきれないし,帰るころには溶けてしまうし,使いづらいですよね.そんな時は,コンビニでヨーグルト400gを1つと,味付きのブルーベリーブルガリアヨーグルトを買って混ぜて食べます.十分甘くて味も濃いです.おすすめします.

キャベツ法

キャベツを1玉使う

キャベツをまるまる1玉食べることが重要です.キャベツは安く入手しやすいうえに,鍋に使うことで量が増し,大量に野菜を摂取することができ,満腹感も十分得られます.鍋は水分が多いので,普段飲んでいるコーラなども飲む必要はなくなるでしょう.
また,キャベツを1玉入れれば肉を食べてもいいです.キャベツが腸にたまった宿便をとってくれ,おなかがすっきりします.人によっては宿便が4kgあったりするので無駄な体重を落とせます.

味付けは何でもよい

私は,キャベツ1玉と豚肉細切れを材料に作ります.キャベツと豚肉からしっかり味が出るので味付けはそこまで気にしなくてよいです.プチっと鍋などを使うと簡単で美味しいでしょう.キャベツがしんなり食べやすくどんどんいけます.

断食法

断食法は,最も急速に痩せられる方法です.
胃をかなり縮小でき,宿便もほぼすべて排泄できるので,体重が最も落ちます.
断食中は料理のことしか考えられなくなったりしますが,己との勝負です.負けないようにしましょう.

説明するよりも,私が行ったスケジュールを載せます.約3日間に渡ります.
開始前日の夜,ごく少量を食べる.
開始日,何も食べない.水分はとってOK!
2日目,昼まで何も食べない,夜は野菜を煮たものを食べる.
3日目,この時にはたくさん食べられない体になっているので,徐々に食事を戻していきました.
4日目以降普通の生活.食べ過ぎないように.

1