1. まとめトップ
Loading...

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

佐野サービスエリアで起きた倒産騒動

佐野サービスエリア、
栃木県佐野市黒袴町の東北自動車道上にある
サービスエリア。
上り線 管理:ネクセリア東日本
運営:ケイセイ・フーズ
レストラン(7:00 - 22:00)
フードコート(24時間)
ショッピングコーナー(24時間)

ある納品関係者が話す。
「実は先月、佐野サービスエリアを
NEXCO東日本から任されている
株式会社ケイセイ・フーズが
倒産の危機にあるとの情報が流れました。
その情報を入手した一部の業者が、納品を中止する事態に発展。

「業者間の横のつながりで情報は一気に広がり、
雪崩を打って次々と納品が停止された。
あっという間の出来事でしたが、
納入業者としても被害を最小限で食い止めるため、
シビアにならざるを得ないのです」

「ケイセイ・フーズがメインバンクから
新規融資凍結の処分中であると確認できたことで、
納入業者たちは仰天。その心配に対し、
ケイセイ・フーズ社長は当初、
『業者ごときが調子に乗るな』と反発していた。」

ケイセイ・フーズ 即金で支払うと業者に連絡して納品が再開

運営元の会社が破産しそうで危ない佐野SAに来ましたが、わりと普通に商品が並んでいるからわりと平気そう pic.twitter.com/2XVTA3xtNs

何やら運営危機で東北自動車道の佐野SAの売店がスカスカとかいうニュースを見たから、今どうなっているのか気になって立ち寄ったら、商品が充実していて「さのまる」グッズも売っていたので一安心。 pic.twitter.com/tVOM4ST2OA

倒産騒ぎで話題の佐野SA 気になってみてきました ニュース記事で報じられているような 商品棚の品不足はなくいつも通りでした 今後どうなるかわからないけど… 羽生や蓮田とは違ったレトロ感を大事に続いていってほしいなと pic.twitter.com/oqy7R8ySzg

「しかし、本当に売り場から商品が消えたことで、
NEXCO東日本が契約を解除する恐れが出てきた。
そこで、今度は即金で支払うから商品を入れてくれと連絡がきて、
なんとか納品が再開されたと聞いています」

8月13日までは通常通りに佐野ラーメンも食べれる状況だった

8月14日 ケイセイ・フーズ社長の経営方針に反発の従業員がストライキで売店などが閉店

従業員「解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣を求めます」

部長は労基に行って戦うつもりだったが
従業員の仲間からストライキを提案される。
夜中に連絡を取り合い、
連絡がとれた大半の従業員が出社を拒否。
閉店による抗議は私(部長)と支配人のために、
やってくれていることなので
全責任は私がかぶる所存です。

佐野サービスエリアで佐野ラーメン食べようと思ったら、こんなことに 下り線に歩いて行けるみたいなので、行ってみる#佐野サービスエリア#佐野らーめん食べたい pic.twitter.com/HASPLwR1rJ

8月16日から臨時従業員(関連会社の社員、日雇いアルバイト)で一部再開

利用者から味が変わったとの指摘も相次ぐ

仕事帰りに佐野SAへ。レストランはやってませんでしたが、フードコートは盛況。表のガチャガチャは中止の張り紙。 この先事故渋滞のため、いつもより車が多いです。 明確な説明がない限り、自分はここで金を落とす気はない。 pic.twitter.com/05IBCCYZsQ

東北自動車道上り線「佐野サービスエリア」で
営業を休止していた売店とフードコートが
16日、一部営業を再開

完全再開と呼べる状態には程遠い。
ラーメンを提供したのは別業者。
ストを起こした従業員は関わっていない。
これについては「根本的な解決ではない」との批判も
岸敏夫社長に向けられている。

ストを起こした従業員たちは「我々の味ではない」と反発。
経営陣との直接対話も実現せず、
団体交渉の可能性も探るなど、
事態は長期化の様相を呈している。

当の岸社長は報道陣の取材に応じ、
「ご迷惑をお掛けし申し訳ない。一日も早く、
レストランも含めて再開できるようにしたい」としたが、
ストライキの詳細について全く触れることはなかった。

12